闇金を見分ける方法




貴方が借りているその金融会社が、ヤミ金かどうかをまず知らなければなりません。
まさか、対応が雑だからヤミ金だ、なんて思っていませんよね?

見分けるポイントは「現在、借りているお金の利息」です。

闇金業者(違法金融業者)を見分ける方法

お金を借りた時の契約書持っていますか?
その中に借入利率(実質年率)という項目があると思います。

その数字が「20%以下(個人の場合)」なら、借りている相手はヤミ金(違法金融業者ではない)可能性があります。

金利が年20%以内であれば、ヤミ金ではありません。

お金を借りる場合、利息を払うのは当たり前ですが、その利息の割合は出資法という法律で決められています。

出資法

現在、出資法の「利息制限法」により上限金利は20%です。
簡単に考えれば10万借りると1年で2万円の利息です。

が、実際は…
10万円未満は年率20%
10万円以上100万円未満は年率18%
100万円以上は年率15%
と決まっています。

10万円(金利18%)を1ヶ月に1回、1年(元利均等)返済していく場合、毎月9,169 円で、返済総額は110,057 円、利息だけなら10,057円です。
(毎月少しずつ返済する場合、元金も減るため、利息額も徐々に減っていきます。)

この出資法の施行(2010年6月18日に施行)後、金利が20%を超えていると出資法違反となり刑事罰を受けることになりました。

ヤミ金と消費者金融の違い

出資法の施行によりそれまで金利が20%を超していた消費者金融やクレジット会社は、一斉に20%以下に下げました。消費者金融からお金を借りていた人は業者から「金利が下がる」という通知が届きました。

現在、消費者金融の会社として有名なのはプロミス・アコム ・アイフル・レイクなど、CMとかもやっているので、わかりやすいですね。

クレジット会社なら「キャッシングローン」としてセディナやJCB、三菱UFJニコスでしょうか。
(もちろん、他にもあります)

まともな貸金業者は、CMなど堂々と打てるものではありません。
ホームページを眺めても、10万円で17.8%(※プロミス:フリーキャッシング?詳しくはHPで確認してください)とか書いてますから、安心して借りられる業者と考えてよいでしょう。

一方ヤミ金の特徴は

出資法(上限金利20%)の制限を超える金利で借している。

例)2万円を借りて10日ごとに1万2000円が利息と言われたら…
※年利…2,190% 違法!

その他、高金利の俗語として有名なのが

トイチ=10日で10%の利息(10日目に10万円の利子)年利365%
トサン=10日で30%の利息、年利1,095%
トゴ=10日で50%の利息、年利1,825%

考えただけでもゾッとします。

ダイレクトメールや電話での勧誘

金利を調べるのが難しい場合、闇金業者(違法金融業者)を見分けるもう一つのポイントはダイレクトメールや勧誘の電話がきっかけで借りた場合、です。

DMの差出名が有名企業だった

差出人名がよく聞く有名な企業名に似ていることが多く、闇金とは気付きにくいのが特徴です。。

有名な企業なら、低金利と表示されても疑いにくい。
が、実際は、高金利で貸し出す、という事があるそうです。

そもそもDM(ダイレクトメール)というのは、何千人の人に一斉に送り付けるものが多く、その内返事が来れば儲けもの、という考え方で出されています。

ただヤミ金の場合、問題なのは、借りそうな人(過去に債務経験がある人)の住所録があり、そういう人に送り付けるパターンが多い、ということ。

やはり、一度でもお金を借りたことがある人は、2度3度と借りる傾向があります。さらに、もっと借りたいと思っている人もいるはずです。悩んでいれば、切羽詰まっていれば、美味い話に飛びつきたくなるものです。

実際、私も、借り入れしている時はこの類のDMが結構来ました。
噂によれば、こういうデータが裏で売り買いされているとのこと。

まともな?処から借りて、ちゃんと返していても、情報は洩れるんだろうな、一度流れたらなかなか消えないんだろうな、と実感しました。

かなり高額だろうな、と想像してしまいますが、返済済みのここ数年は、1枚ぐらいしか来てないですね。

それが、直接の電話となると、話しているうちに相手の巧みな話術によって、だまされる可能性は高いでしょう。

ヤミ金はもとより法律は守っていません。
こんな事は朝飯前でしょう。

ヤミ金の特徴…
・会社の電話番号がでたらめ
・携帯の番号しか載っていない
・逆に「有名企業」の名前を使う

怪しかったら調べる

金融庁のHP「登録貸金業者情報検索サービス」で怪しいどうか調べることができます。

⇒https://clearing.fsa.go.jp/kashikin/

まとめ

実は違法なので、返済の義務はない?

もし、違法業者(ヤミ金)からお金を借りていたら、法定上限金利以上の利息を支払う義務はない、と言われています。

過去の判例では、悪質なトイチ貸しは「不法原因給付」となり、元本も返済する義務は無いということになったこともあるとか。

だからといって、返済しなくてもいい、と勝手に判断して返済をしないで、相手を怒らせたら大変なので、絶対弁護士などに対処を相談すべきでしょう。